シャンプー ヘアケア 髪の悩み

【危険】現代人の髪の毛は油だらけ

今日のテーマは『プレシャンプー』です。

ヘアケアに興味がある方は、なんとなく聞き覚えがあると思います。

 

プレシャンプーとは、元々美容室でカットやパーマの前に髪をさっと洗うことを言います。
(余分な汚れやスタイリング剤を落として施術しやすいようにしてます。)

 

しかし、ここ近年はこの『プレシャンプー』が普段のホームケアでも重要視されるようになってきています。

 

自分も美容師として現場に立つ時は、「シャンプーは2回してください。」と言います。

また最近ではノンシリコンシャンプーなどの説明書きにもこのように書いてあるのも見かけます。

 

ホームケアで言う「プレシャンプー」とは、この2回シャンプーするうちの1回目のシャンプー(1シャン)です。

プレシャンプー = 1回目のシャンプー(1シャン)

 

この一回目のシャンプーをするのとしないのとでは、そのあとの全てのヘアケア(例えば、メインシャンプー、トリートメント、ブロー、スタイリング)に大きく影響を与えます。

 

 

プレシャンプーの【意味】

実はシャンプーの主成分である多くの洗剤たちは、油分があればあるほど泡立ちが悪くなり、また洗浄力も落ちます。(多くの人がなんとなく感じていることだとは思います。)

 

たまに「泡立ちと洗浄力は関係ありません」という人がいますが、これは間違っています。

 

洗浄作用のある界面活性剤は、それぞれで泡立ちは違っています。

 

例えば、【泡立ちが良いAの洗剤】と【泡立ちの悪いBの洗剤】

これについては確かにAの方が洗浄力があるとは言い切れません。
(油分を強力に溶解するノニオン界面活性剤はほとんど泡が立たないことから)

 

しかし、【同じAの洗剤】についてだけを比較すれば、泡が立っている時と立っていない時では洗浄力は全然違います。

 

この場合について言えば

  • 泡が立つ=洗えている
  • 泡が立たない=洗浄力が足りない

という意味になるのです。

 

プレシャンプーとは、この状態を避ける意味で

まずはじめに簡単に油分を落としてから2回目のシャンプーでしっかり洗浄しましょう

という発想から現れたものなのです。

 

しかし現在のプレシャンプーはそれが少し変わってきています。

今のプレシャンプーは『髪のクレンジング』を行う為のシャンプーとして考えられることが多いのです。

 

これはどういうことなのでしょうか。

 

 

現代人の髪は油まみれ!

僕も例外なくそうなのですが、特に少しおしゃれが好きな男子や女子は、ワックスやスプレー、ジェル、ヘアオイルといった【整髪料】を用いて髪を思いの形に整えていますよね。

 

それだけでなく、シリコンがガッツリ入ったトリートメントで髪をコーティングしていたり、アウトバスでオイルを使って髪に艷を与えている人もいるかもしれません。

 

そういう人たちの髪の毛は、つまり「油まみれ」です。

そんな油まみれの髪を放っておいてはいけません。

なぜなら、残留した皮膜は毛髪その他に大きく悪影響を与えます。

例えば

・スタイリングが日に日に髪が重たくなる

・髪がなんだかギットりしてサラサラ感がなくなる

・せっかく内部浸透するタイプのトリートメントを買っても、皮膜が邪魔して浸透を妨げる

・あまりに皮膜がきついとサロンでのパーマやカラーに影響を与えます。
(パーマ・カラーがうまくかからなければ強力な薬剤を使う必要があり、髪が必要以上に痛む原因となります。)

・また残留皮膜上に油分が蓄積すると酸化して悪臭を放つこともあります

 

こういう状態を避けるためには、まずその髪の毛の皮膜を除去しなければなりません。

 

それが

皮膜除去 = 髪のクレンジング

というのが現在美容業界また、その他のヘアケア通の間で大きく注目を集めているのです。

 

髪を健やかに保つためには、お肌のお化粧と同じように毎度毎度付けた化粧はしっかり落とす必要があるのです。

 

クレンジングには高刺激シャンプー?

少々洗剤化学をかじった美容師さんや素人さんは、そのクレンジングの為に十分な洗浄力を発揮するためには、ある程度刺激の強い洗剤を用いなければならないと考えていることが多いです。

 

高洗浄力の洗剤と言えば

【ラウリル硫酸Na】や【ラウレス硫酸Na】などのような洗剤がよく知られています。

 

その為サロンでプレシャンプーに用いられるシャンプーは、この一種であるラウレス硫酸をベースにしたものが多いのです。

 

しかしこれらのシャンプーは言わずもがな、高い刺激を兼ね揃えていますので地肌に対して負担が大きいですね。

確かに髪の皮膜を除去する分にはこれくらいの洗浄力が必要ですが、そのために支払う代償が大きすぎます。

 

サロンなど特定の場所で低頻度で行う分には問題ないですが、毎日のホームケアとして同じように高洗浄力・高刺激のシャンプーを使うのは、適切なヘアケア方法とは言えないでしょう。

 

また美容室で常日頃からこれらのシャンプーを使い続けると、美容師さんにとっては手荒れの原因にもつながります。

 

しかし現在では洗浄力は高いけど皮膚刺激性は皆無というシャンプーができてきているのをご存知でしょうか。

しかもシリコーンや鉱物油などのような難溶解性皮膜物を選択的に除去してくれる高機能シャンプーが存在するのです。

それが低刺激の洗剤とノニオン界面活性剤を適宜配合したシャンプーです。

例えばこちら

ディアテック カウンセリング プレシャンプー / 1000mLリフィル 【 シャンプー さっぱり 】

価格:1,700円
(2021/1/16 02:00時点)
感想(333件)

このカウンセリングプレシャンプーは価格も非常にお手頃で、使用感も間違いがありません。

安全に完璧な髪のクレンジングを行えるシャンプーとしては、このシャンプーの右に出るものは無いと言っても過言ではありません。

とにかく低洗浄力のシャンプーで物足りなかった方はお試しください。

サロンでプレシャンプー用のシャンプーにお悩みの美容師さんにも大変オススメですよ。

今日はプレシャンプーに関する話とオススメの紹介をさせていただきました。

実はプレシャンプーに関する話はこれで十分ではなくて、まだまだおはなしの余地があります。

・シャンプーは二回する必要があるか

・プレシャンプーとメインシャンプー

・地肌の洗浄と髪の洗浄は分ける

などなど、これだけでもまだまだ追記事項が尽きません(苦笑)

近いうちに続報を綴りたいと思います。

それでは今日はこの辺で!

-シャンプー, ヘアケア, 髪の悩み

Copyright© YUKIBLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.