未分類

簡単!頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージ?頭皮ケア?まだ自分は気にしてないよ!

そんなことを思っているあなたにご用心です!

頭皮ケアは男女問わず必要なケアです

頭皮は20歳をピークにどんどん年を取ることで老化していきます。

いくら髪を綺麗にしようとしても元々土台である頭皮を健康な状態にしなければ、健康な髪は生えてこないです。

 

まず頭皮ケアのメリットとは?

  • 抜け毛、薄毛、白髪の予防
  • 顔のリフトアップ
  • 頭皮の臭いが気にならない(ベタつき防止)
  • 髪のボリュームアップ(ハリ、コシが出る)
  • 頭皮の痒みが治まる
  • マッサージ効果によるリラクゼーション

デメリットは、、、

ないです!!

内容さえ理解していただけたら10分間でできます!

 

さっそくですが

頭皮のお疲れ状態を確認しましょう!

  • ヘアカラーやパーマをしている
  • 髪のボリュームがなくなってきた
  • 頭皮が乾燥している
  • 頭皮の痒みが気になる
  • 抜け毛がきになる
  • 髪のハリ、コシがなくなってきた
  • 肩凝り、目の疲れがある
  • PCをよく使う
  • 睡眠不足気味である
  • 頭皮の臭いが気になる

どうでしたか?当てはまる数が多いほど、今のあなたの頭皮が疲れているor頭皮老化が進んでいることになります。

まずは今の状態を認識することが大事です!

頭皮の疲れが蓄積すると顔や頭皮のたるみ、頭皮や髪の毛のトラブル、頭痛目の疲れの原因になります

 

 

 

疲れた心身に嬉しい!頭皮マッサージ効果!

頭のコリからの不調を和らげるためには頭皮マッサージが必要です!

頭部には健康に関連するたくさんのツボがあり、やさしく押したり、頭皮を動かすだけで自律神経を整える効果があります。

また、頭皮マッサージをすることで頭皮の血行が良くなり、新陳代謝が活発になります。

  • 抜け毛や薄毛、白髪の予防
  • 目の疲れを緩和、改善の効果
  • ストレスによるプチ鬱の解消
  • 顔のシワやたるみの改善、リフトアップ、小顔効果
  • 地肌の皮脂臭やベタつきの改善
  • 髪のボリュームアップ
  • 頭皮の血行不良を改善

頭皮を改善することで髪や顔の表面的部分の効果の他に、内面の血行促進の効果やリラクゼーション効果が出るのが頭皮マッサージの良いところです!

 

 

それではマッサージのやり方を書いていきます。

1、首の後ろの付け根に指をあて、上に向かってやさしく押しながら動かします。

2、耳の下くぼみ(風池)に指を合わせたら、指でゆっくりと回しながら押し上げていきます。

3、頭皮を親指で回すようにゆっくりマッサージしていく。その時の進行方向を矢印の通りに頭頂部に向かって回しながらマッサージします。

4、両手を頭をふんわり包み、頭頂部に押し寄せるようにして頭皮を引き上げていきます。

5、指の腹で満遍なく頭皮全体を動かすことを意識して動かしてください。

ここで重要なのは動いてるを感じることです!

動かし方は指5本で頭皮全体を包み込むように揉みほぐす感じでマッサージしてください。

6、また忘れがちな髪の生え際や襟足から首元にかけて念入りにマッサージを心がけましょう!!

生え際や首元は髪の毛の発育に効果があるツボが多いところです。

痛くないぐらいで軽く押したり、頭皮が動くのを感じながらゆっくりマッサージすることがポイントです!

流れさえ覚えれば5〜10分あればできますので、シャンプー中や乾かす前に是非やってみてください!

 

 

ブラッシングによるマッサージも侮れない!!

ヘアケアで見落としされがちなのがブラッシングです。

ではその効果とは?

  • シャンプー前にホコリ、チリなどの汚れを落とす効果
  • ブラシの先端からのほどよい刺激によるマッサージ
  • 髪をとかすことで髪のキューティクルを整えツヤを出す効果

ブラッシングはシャンプー前、乾かす前、仕上げの時と様々な場面に多用な効果を得れる技術のいらない簡単なマッサージ方法です!

毛先だけとかしている人をよく見かけますが、、、、ちょっともったいない感じがあります。痛くないぐらいの加減で根元からブラッシングしてあげるだけで効果があるのでちょっとでも意識をかたむけてみてください。

 

ヘアスタイリングやメイクなど目に見える部分を整えるのはもちろん大事ですが、目に見えにくい頭皮ケアこそが一番の土台で重要な部分です!日々を美しく保つために毎日の10分、頭皮マッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか?

-未分類
-

Copyright© YUKIBLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.