未分類

ノンシリコンシャンプーは買うな!

こんにちは、yukiです!

今回は一時期大流行したノンシリコンシャンプーについて書いていきます。

タイトルどうり「ノンシリコンシャンプー」を前面に押し出しているシャンプーは買わない方が良いです。

なぜなら、使用することで髪がギシギシとごわつき、髪を全くコーティングしていない状態することで、外部からのダメージを受けやすくなっているからです。

これに対して、本当に良いシャンプーはノンシリコンとは全面的に言わないです。

サロン用シャンプーはシリコンがなくとも、内容成分が良いので洗い上がりもギシギシとごわつかないですし、きちんと髪本体をケアして守ってくれます。

では、「シリコンは入ってていいの?」、「どのシャンプーが使っていいかわからない」っという方もいると思いますので、何故シャンプーにシリコンが入っていて次にノンシリコンシャンプーが流行ったのかを知ることができればおのずと正しいシャンプーを選べることができるはずです。

 

シリコンって何?

そもそもシリコンって何?・何で入ってるの?と疑問を感じる方もいると思いますので、簡単に説明しますね!

シリコンは非常に安全性が高く、化学反応を起こさない成分ですので肌に対しての刺激がとても少なく誰もが使える安心できる成分の一つです。

ですから、身体や髪にシリコンがついたからといってダメージや炎症を起こす心配がないのです。

また、洗い上がりの質感を良くしたり、泡立ちを良くしてシャンプー中の髪へのダメージを軽減してくれる働きがあります。

では、何故そんなシリコンが邪険にされるのか

それはシリコンによる皮膜性であり、水にも油にも溶けない特殊な性質が関係しているのです。

落ちにくい性質から、優しいシャンプーでは落としきれず髪の毛に残留してどんどん蓄積されていきます。

その結果、ヘアカラー剤やパーマ剤の浸透の邪魔され、思い通りのスタイルにできなかったりと不評の声が上がったのです。

それを聞いた化粧品メーカーが「毛穴に詰まる」「経皮毒」「発毛の阻害」「人体に有害」などと事実とは異なる内容を言うことで、どんどんシリコンが悪者にされていったのです。

実際には、市販のシャンプーに入っているシリコンは微量で、蓄積するほどの量は入っておりません。

それより、市販のトリートメントの方が圧倒的に多く入っており、すすぎが甘かったりする場合があるため過剰にコーティングされる可能性があります。

また、そのような経緯でノンシリコンシャンプーが販売されるようになったのです。

ノンシリコンシャンプーの登場

シリコンを悪者にすることでシリコンフリーという新しい正義として広告・宣伝されノンシリコンシャンプーが生まれました。

ノンシリコンシャンプーというのは一般的に売られている市販のシャンプーからシリコンを抜いただけのものです

これに対して、元々シリコンを入れない設計で作られている物もあります。

サロン専売用シャンプーはほとんどその類です。

しかし、市販されているシャンプーは、低価格化を実現するために洗浄成分を安上がりにしています。

その主成分は硫酸系やスルホン酸系など洗浄力が高いものが多く、これだけで洗った場合、ギシギシしたりゴワついたりします。

そこで洗い上がりの使用感を良くしたり、洗浄力をコントロールするために、シリコンを入れるようになったのです。

元々の主成分が良くないため、それをごまかすために入れていたシリコン入りシャンプーからシリコンを抜いたのものがノンシリコンシャンプーになります。

結果、洗浄力や刺激は強いものでギシギシやゴワつき肌の乾燥につながるシャンプーが出来上がったのです

硫酸系

ラウリル硫酸Na

ラウレス硫酸Na

スルホン酸系

オレフィンスルホン酸Na

シャンプーの成分表に名前がありましたら避けましょう。

 

本当に良いシャンプーとは?

美容師としてオススメしたいのが、カルボン酸系やアミノ酸系が主成分のものです。

これらは洗浄力が優しいのでわざわざシリコンを入れる必要がありません。

サロン専用のシャンプーにはほぼほぼ入っています。

最近は市販のシャンプーでも見かけたりしますので、もし見かけたら使ってみてください。

カルボン酸系

ラウレス-5 カルボン酸 Na

アミノ酸系

ラウロイルメチルアラニン Na
ココイルグルタミン酸 TEA

 

-未分類
-

Copyright© YUKIBLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.